物件を探しているならココ|マイホームを実現するコツ

つみ木

工事中の変更をお願いする

ウーマン

できるだけ早く相談する

茨木で一戸建ての家を建てるのは、詳細な設計が固まって見積書に同意し、工事請負契約を交わした時が実質的なスタートです。この時から茨木で様々な一戸建て建材の発注をかけることになります。注意すべきことは、すでに発注済みの建材を変更する場合です。返品できないタイミングだと新たに購入することになり、追加料金がかかります。反対に、まだ施工業社が発注していない段階で壁紙やカーペットを同じランクで色の違う物に変えるような場合は、当初の予算で対応できます。つまり、変更したい箇所があるなら、できる限り早めに申し出ることが重要なのです。すでに茨木で一戸建て工事に取りかかっている部分を変更する場合は、建材以外に工事費も別途発生します。工期の延長に繋がる可能性が出てくるので、このタイミングでの変更は避けた方が無難です。茨木で一戸建て工事を見学している時に、やっぱりああすればよかったなどと思っても、その場で現場の職人さんに直接頼むのは避けた方が賢明です。何故なら現場の職人さんには予算を調整する権限がない場合がほとんどだからです。まずは、予算に責任を持てる立場の人(現場監督、営業マン、建築家など)に相談しましょう。そして必要ならばきちんとした書式の見積書を用意して貰い、変更に伴う材料費や工賃などを確認します。その上で、変更や追加の内容を書類などにきちんとまとめてから、正式に工事をお願いするようにします。変更や追加工事を快く承諾して貰った場合でも、口約束による聞き間違いや勘違いなどのトラブルを避けるため、変更内容をまとめた書類を作成しましょう。